CSR(企業の社会的責任)への取り組み

北陸電力グループのCSR(理念)

安全を最優先した、低廉、良質、クリーンな電気の安定供給とコンプライアンスの徹底を基本に、お客さま、従業員、地域社会、株主・投資家、取引先など、ステークホルダーからの期待・要望に適切、誠実に応え、かなえていくことを通じて「信頼され選択される企業」を目指す。

コンプライアンス推進への取り組み

(1)基盤となる取り組み

①コンプライアンス安全文化

  • コンプライアンスの徹底・定着
  • コンプライアンス教育の実施
  • 各職場での自立的活動の実施

②環境

  • 社有車燃費の維持・向上
  • オフィス電気使用量の削減
  • 局舎電気使用量の削減
  • 3Rの推進
  • 環境教育の実施
  • オフィス水使用量の削減
  • オフィスごみゼロの推進
  • グリーン購入の推進・定着
  • 従業員家庭における省エネルギー推進
  • オフィスペーパー使用量の削減
(2)ステークホルダーに対する取り組み

①お客様

  • 情報セキュリティの確保
  • 品質管理の強化

②従業員

  • 労働時間の適正管理と長時間労働防止
  • 労働災害の撲滅
  • メンタルヘルスケアの充実
  • 働き方改革の推進に向けた取り組み
  • 従業員能力の向上
  • ワーク・ライフ・バランスを目指した取り組み

③地域共生

  • 社会貢献活動の推進
  • 適時適切な情報提供

コンプライアンス推進への取り組み

私たちは、男性も女性もすべての個人が、互いに人権を尊重し、その個性と能力を十分に発揮することができるよう、次の取組を行うことを宣言します。

ワークライフバランス推進の取組
  • 運動習慣づくりの支援として、契約スポーツ施設の利用料一部助成を、本人及び家族に対し行います。
  • 定期健康診断の実施、人間ドックへの助成を行うことにより、社員の健康診断の受診方法の選択肢を広げ、診断内容の質の充実を図る。
  • 育児や介護のための短時間勤務制度の充実
男女が共に働きやすい職場環境づくり等の取組
  • 職場環境向上のため、指定場所以外は禁煙とします。
  • 経営者・管理職が「イクボス※」になることを宣言しています。
    ※部下のワークライフバランスを考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も向上させ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司