先輩社員の声

2016年入社 理系卒 技術部 設備グループ 吉浦 康介

あなたがHTNetに入社した理由を教えてください。

私は、富山出身で大学は石川に通っていました。
そうした生活環境からか、北陸の地域に御世話になっていたとの気持ちが強く、できれば地元に貢献できる仕事をしたいと考えていました。
就職活動中の合同説明会で、北陸通信ネットワークが北陸地域の通信インフラを支えている企業である事を知り、自分がやりがいを持って仕事ができる会社だと感じました。
また若手社員の意見も積極的に聞いてくれる会社である事など、対応して頂いた人事の方の説明を聞いていても会社の良い雰囲気が伝わってきました。そうした事から、北陸通信ネットワークに就職したいと考えました。

現在の仕事内容について教えてください。また、その仕事のやりがいや楽しさはなんですか。

私は技術部設備グループに所属しています。
仕事の内容は、回線設計、回線開通工事、故障対応、設備点検です。
回線設計は、申し込みがあった回線をどの装置に接続するか決める作業で、加賀方面を担当しています。
回線開通工事は、設計した通りに現場の機器に接続し、お客様にいつでも回線提供できる状態にするものです。
故障対応は、運用中の装置が故障した際、現場で故障箇所の特定、部品の交換を行い故障を復旧させます。
設備点検は、通信局舎内の装置が正常に動作しているか定期的に見てまわるものです。
設備グループでは通信装置に限らず、局舎建物や電源設備など幅広い範囲の知識が必要ですが、できなかった事ができるようになった時に楽しさとやりがいを感じています。

入社してから今までで一番印象に残っていることはなんですか。

一番印象に残っているのは、お客様に提供中の回線を容量の大きなものに切り替える作業を、立案から提供まで初めて担当した事です。
お客様が希望している納期までに回線提供できるよう、物品の購入や現地作業の計画、手配など、全工程のスケジュール管理が大変でした。
決められた深夜の時間帯での切替作業はとても緊張しましたが、先輩方のサポートもあり、納期内の回線提供が無事完了しました。
手続きや進め方など、わからない事や大変だと思う事はたくさんありましたが、全ての作業が終わった時に達成感を感じることができました。
自分のスキルアップを感じる事ができた一番の経験として印象に残っています。

< 先輩社員紹介一覧にもどる

採用に関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ。